排水管の水漏れ修理の基本

排水管の水漏れはただちに影響があるわけではないので、しばらく放置しても大丈夫だと油断してしまうこともあります。しかし、排水管から水が漏れていればその周囲に湿気がたまるので、長期的には住宅全体の腐食につながります。とくに、築年数が浅い住宅の場合は、できるだけ良いコンディションで住宅を維持していくためにも、早めに対処することが望ましいです。

■排水管の水漏れ放置のデメリット

排水管から水が漏れている場合に考えられる被害は、湿度が上がることによる腐食、悪臭による不快感、健康への被害などがあります。まず、水が漏れている排水管の周囲は湿度が上がるので、木材住宅であれば通常よりも速いペースで腐食が進みます。また、トイレや台所の排水が流れる部分でトラブルが起これば、油や汚水によるニオイが問題になることがあります。このようなトラブルが起これば、当然、日常の暮らしに不快感が生じるようになるので、健康に悪影響を及ぼすことも避けられません。

排水管 水漏れは現状把握を最優先に

排水管からの水漏れは、簡単に原因や場所を特定できないことが多いです。さらに、排水管の修理にどの程度の費用がかかるのかも見積もりをもらうまで分からないことがほとんどです。この漏れの原因や修理費用が分からないという状況は、精神的に疲弊してしまう大きな原因となります。ただちに修理する予定がない場合でも、一度、プロの業者に現状を把握してもらい、修理した場合の費用について教えてもらうのがおすすめです。そうすると事前に準備することも出来、心の余裕につながります。

■まとめ
排水管からの水漏れは、放置する期間が長くなるほどデメリットが大きくなります。健康を害したり、住宅の快適性が大きく損なわれることもあるので、プロの水道業者に状況を確認してもらうことが対策の第一歩です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ