水漏れがじわじわ程度でも早めに対処を

水道の水漏れは、一気に噴き出すこともありますが、最初はじわじわと滲み出ているというケースもあります。漏れている水の量が少なければまだ大丈夫というものではなく、水道部品の劣化や損傷があるという意味では、漏れ出ている水の量は関係ありません。症状が悪化してから慌てないようにするためにも、できるだけ早めに対処することが必要です。

■水漏れはじわじわ程度が直しどき

水道の蛇口やつなぎ目などからの水漏れは、発見したときが直しどきです。水道設備が新しい場合は別ですが、そうでない場合は、設備の各部分の摩耗や劣化を合図で知らせてくれているのが水漏れです。水漏れが生じたときに、個別に修理やメンテナンスをしていくのか、水回りのリフォームをする時期なのか、という点を考え、住宅の維持管理に必要な意思決定をすばやく行うことが大切です。


■大きな水のトラブルに発展する危険性について

最初は、じわじわと少ない水漏れだったとしても、あるタイミングを境に一気に水が噴き出す、ということも珍しくありません。水漏れを放置し続けてしまい、その後、大量の水の噴き出しにより、家具や住宅設備などの損傷に及んでしまうこともあります。
水漏れの程度が悪くなってからでは、修理にかかる費用が高額化してしまう恐れもあります。初期の小さな症状を見過ごすことなく、大きな水のトラブルに至らないようにするという点で考え、ダメージを最小限にとどめるようにしましょう。


■まとめ
じわじわだったとしても水漏れは、水道設備の老朽化を知らせるサインです。水漏れは、放置していて直るということは絶対にありませんし、漏れている水の量が少ないから急ぐ必要がないというものでもありません。症状が一気に悪化することも考えられるので、プロの水道業者に相談した上で適切な対処法について考えるようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ